MSS Forum

MSSフォーラムについて

MSSフォーラムの活動指針:
  • MSSを用いた嗅覚センサの社会実装およびそれに基づく社会貢献
  • 関連する知識の普及および技術の発展・標準化の推進

MSSフォーラムは、これまでクローズドな有効性実証実験の場として活動してきましたが、2020年4月から、オープンな情報共有の場として活動することとしました。嗅覚センサの社会実装を40年来妨げてきたハード・ソフト両面における無数の技術課題を、世界最大の産学官連携活動を通して得られた膨大な独自情報と最先端の科学的分析に基づいて冷静に見極め、最新情報を多様な業界から参加される会員の皆さまと共有することで、嗅覚センサの技術体系の構築と有効な社会実装を目指します。

MSSフォーラムの活動内容

セミナーの開催

定期的にセミナーを開催し、基本的な技術内容から発展的な応用方法まで、最新の情報を共有し、会員の知識・技術レベルの向上を目指します。
――事前にアンケートを実施し、その内容に基づいてセミナーの内容を検討します。公知情報の範囲とはなりますが、NIMSから最新の技術情報や業界の動向などをご紹介したり、講師の先生をお招きしてご講演をお願いしたりといった内容を検討しております。

特に質疑応答や議論の時間を十分にとり、通常の学会等では話しにくい「本当のところ」や「裏話」について忌憚無く意見交換できる場にしたいと考えております。各会員は同志であり、かつライバルであるということを踏まえて、本音で建設的な議論ができる場の提供を目指します。

会員同志の情報交換と連携検討

会員同志が可能な範囲で「応用分野」や「検証課題」を議論し、解決策やそれに向けた連携などを検討します。
――嗅覚センサの研究開発には多岐にわたる技術の統合が必要となりますので、会員のみなさまの相補的なパートナーを作る場として積極的にご利用いただきたいと考えております。共通の課題に取り組む会員同志が意気投合すれば、フォーラム外で別途秘密保持契約や共同研究契約等を締結し、事業化へ向けた活動にご自由にお進みいただけます。企業連携のコーディネートなどに関しては、ご相談いただければMSSフォーラムからも可能な限り情報の提供や最初のミーティングのアレンジなどをいたします。

MSSフォーラムの歴史

MSSは2011年に開発され、その後嗅覚センサとしての基礎研究を経て、2015年にMSSの実用化を加速すべく、国立研究開発法人物質・材料研究機構、京セラ株式会社、国立大学法人 大阪大学、日本電気株式会社、住友精化株式会社、NanoWorld AGの6機関共同で、要素技術の研究開発を行う「MSSアライアンス」が発足しました。さらに2017年4月からは、旭化成株式会社が新たに参画しました。

2017年11月に、MSS嗅覚センサを用いた嗅覚センサの業界標準化(de facto standard)推進に向けた“公募型実証実験活動”を行う「MSSフォーラム」が発足しました。MSSアライアンスでの研究活動を通して構築されたセンサデバイス、感応膜材料、精密評価システム、データ分析・解析環境などを基に、国内外50者以上の会員の皆様による複数の応用分野における実証実験*が実施され、様々な香りやニオイに対する高い感度と識別能力が実証されました。

*実証実験:MSSアライアンスの研究成果であるMSS標準計測モジュールを使用し、農畜産業、食品、ヘルスケア、建築、環境など、様々な分野での、香りやニオイの検知・識別能力を検証。

公募によりクローズドで行われた様々な分野での有効性実証実験を通じて、実用化に向けた更なる課題抽出と、課題解決に向けた研究開発を深化してまいりました。今日に至る当該活動の成果を鑑み、MSS嗅覚センサの社会実装、および関連技術の発展と標準化に向けて、2020年4月に、より多くの企業/機関の方々にご参加いただき、オープンな意見交換/情報共有ができる場へと進化することとなりました。

入会のメリット

  • 年に2度ほど開催されるセミナー/ワークショップ等への参加。人工嗅覚等に関する技術情報をいち早く会員の皆様へお届けいたします。

    セミナー/ワークショップでは、以下のような企画を行います:

    • NIMS研究員によるプレゼン
    • 要素技術開発企業によるプレゼン
    • 嗅覚関連アカデミアの研究報告
    • MSS実証実験先行企業/大学/研究機関による事例紹介
    • ワークショップ:会員にご持参いただいたサンプルのテスト測定

    この他、各セミナー/ワークショップ前後でのアンケート結果を元に、次の企画を検討します。

  • 共通の目的を有する会員同士での情報/意見交換が可能
  • MSS要素技術開発企業・機関との接点
  • MSSフォーラムの会員専用ページへのアクセス権(ユーザーID数は1会員あたり最大3つ)

会費と会員資格期間

参加申込み資格: ニオイ・香り関連の事業化を目指す研究・開発・製造に携わる企業、大学及び公的研究機関

年会費: 年額10万円(税別)

会員資格期間: 会費をお支払いいただいた翌月月初からその後最初に訪れる事業年度の最終日(3/31)まで。翌年度以降は一年度ごとに自動更新

入会の手順

お問い合わせ画面入力
会則のご請求、その他ご質問などございましたら、お問い合わせください
応募のご検討
事務局よりお送りします回答及び資料等をご参照頂き、入会をご検討ください
お申し込み
入会申込書に必要事項をご記入いただき、HPの問合せ画面より添付ファイルにてお送りください
ご入会の通知
ご参加申込資格に適合されている方々に対し会員参加確認書及び会費の振込依頼書をお送りします
会費のお支払い
振込依頼書に記載のある納入期限までに会費をお振込みください
手続き完了
事務局にて入金確認がとれましたら、手続きが完了となります。入金確認がされた翌月月初より会員期間が始まります

MSSフォーラム会則

こちらより概要をご確認いただき、会則の全文をご要望の際にはContactページよりお問い合わせください。

個人情報保護方針

こちらよりご確認ください