MSSを用いた嗅覚IoTセンサーの業界標準化推進に向けた公募型実証実験活動として、MSSフォーラムを発足致します。

お問い合せはこちらです。

MSSについて

mss=Membrane-type Surface stress Sensor / 膜型表面応力センサー

「香りやニオイの基準モノサシ!」MSSは、ニオイの元となるガス分子から、DNA、たんぱく質など生体分子にいたるまで、多様な分子を大気中あるいは液体中で測定できる、汎用性の高い超小型・高感度センサー素子です。
[MSS chip]Sensitive,Compact,Versatile [MSSの動作原理]1.MSS中央部に塗布された感応膜に、ガス分子が吸着する事によって生じる力で歪みが発生 2.細くなっている部分に埋め込まれた検知部(力が加わると電気抵抗が変化する)で電気的に検知

国立研究開発法人物質・材料研究機構(以下NIMS)国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)の吉川元起グループリーダーが、故ハインリッヒ・ローラー博士およびスイス連邦工科大学ローザンヌ校と共同で、2011年に開発しました。

従来の研究されてきたカンチレバー型センサーと違い、レーザー光が必要無いため小型化が可能となり、かつ従来型に比べて約100倍の感度を有するなど飛躍的に性能が向上しました。

大気中や液体中の様々な微量成分を高感度に検知し、モバイル機器等へ搭載可能な小型軽量の新型センサーの開発が渇望されており、近年、いくつかの研究論文発表、技術発表、商品化発表がなされています。しかし、未だ人工的嗅覚センサー技術は黎明期にあり、今後の本格的な社会実装に向けた、研究や開発は、不透明な状況に留まっているのが現状です。

MSSは、人々の生活、医療等を改善するための要因を把握し、人間や機械が理解できる情報に変換するセンサーシステムの開発に大きく貢献することが期待されています。

これまでに、MSSを用いて行った実証実験にて、お酒のニオイからアルコール度数の推定*や、西洋ナシのラ・フランスの硬度(熟度指標)をニオイから定量推定することに成功しております。

*参考例:お酒のニオイからアルコール度数の推定に成功

MSSの特徴

  • 【高感度】感応膜次第でガス分子に対してppm以上、生体分子に対してnM以上の感度
  • 【小型】1チャンネルが1mm²以下、つまり1cm²に100チャンネル以上集積可能
  • 【多様性】有機・無機・生体系など、様々な感応膜を利用可能
  • 【室温動作】感応膜次第で高温動作も可能
  • 【低コスト】シリコン製のため大量生産可能
  • 【低消費電力】1チャンネル当たり1mW 以下
  • 【高速応答】ガスの流量次第で1秒以下の応答も可能
  • 【安定性】熱的・電気的・機械的に安定
  • 【両面被覆対応】ディップコーティングも可能

MSS紹介動画

MSSとは(5分動画)
BSフジ「ガリレオX」

(2017年11月26日(日)11:30~12:00放送分)